300万円もする軽自動車が完売!?HONDAに何が!?真相に迫る 〜S660 モデューロX version Z 売り切れ!〜

ARVE Error: Invalid URL </p> <p>0</p> <p> in url

300万円超えの軽が売り切れた?一体何が?
HONDAN-BOX以外にも!爆売れ、S660モデューロXバージョンZ皆さんは軽自動車今日は信じられない話を2つご紹介します正気か?軽を馬鹿にする時代は終わった!
メリットは維持費の安さ通行料も税金も安い
狭い日本の国民車
軽の値段はどのくらいと思います?
安い物ならアルトで百万以下でありますし
1番売れてる不動の王者エヌボックスも200万円とかなり高額ですが売れてます
そんな中300万円を超える軽が発売されました
軽ですよ?皆さんはミニバンを買う時に
ノアにするかアルファードにするか悩みませんか?
その辺の価格帯です

つまり高級が買える価格の軽がでて
それが売り切れたというのですからちょっときた事件と言って差し支えないでしょう

では本日はどうして売り切れたのか少しだけお話しさせて頂きたいと思います

結論
売り切れの原因
売れ過ぎたから

【徹底比較】S660生産終了 最後の特別仕様車 バージョンZ ノーマルの違いは何? 〜お買い得なのか?軽のスーパーカー〜

軽のスーパーカー S660ホンダのガチな軽自動車だが、今回生産終了を宣言された。最後出るバージョンZとは何者?お買い得?コスパは?ノーマルとの装備の違い、モデューロXとの差異は何か?男なら一度はスーパーカー に憧れる しかしなかなかそれは夢に終わるそんな中買えるスーパーカー があるしかしそれが最後、ファイナルバージョンになる価格に見合う価値はあるのか検証していきます、好きな色も大事モデューロXの Zは2色しかない!内装も専用
少し下世話な話だが売る時が有利!?
スポーツカーの限定が価格高騰する傾向が強い
海外から待望の声も多く聞かれ
輸出がきくようになるまでもし持っていれば
スポーツカーは絶滅へ
大抵のスポーツカーは税金がとても上げられる筈
そこを持ち堪えて持っていられれば価格の向上はほぼ確定だろうが
駐車場や税金など維持費を考えれば必ずしも儲かる訳ではないHONDAの本気で作った軽自動車、軽のスーパーカー 、スポーツカーが販売と生産を終了、辞める発表。最後にバージョンZというモデルを投入。来年2022年3月まで。土屋圭市も開発に携わるモデューロXも最後へ。コペン 、アルトワークスと並ぶスポーツが無くなる。ビート、A Z1、カプチーノのABC以来本格スポーツ、オープン、正確にはタルガトップだが発売されてきたが。販売台数よりも環境適応への難しさが懸念か?

ファン涙 買えばよかったなあ
S660は本田技術研究所の設立50周年を記念し開発が始った
ホンダイズムである“走る喜び”を追い求め2シーターオープンスポーツとして2015年4月に販売開始。
2018年7月にはモデューロから「S660モデューロX 」(ガチバージョンのこと)追加。
累計3万台以上を販売

特別なボディカラーの設定や特別感を演出したインテリアが特徴のバージョンZも楽しみ

エクステリアに特別色としてソニックグレーパールを採用(シビックにもある)

エンブレムはブラッククローム調
ステルス機を思わせる塗装を施した特別製
のアルミホイールを装備

70km/hになると自動で飛び出るアクティブスポイラーにダウンフォースを更に高めるガーニーフラップ装備
そのカラーが黒となる

ボディカラーは標準色のプレミアムスターホワイトパールも用意

インテリア
メーターバイザーパネル
助手席エアアウトレットパネル
センターコンソールパネル
カーボン調に

ドアライニング
ブラックのスエードとボルドーレッド合皮

ステッチを施した専用タイプになる上質感がアップ
Modulo Xロゴ入りの専用シートセンターバッグ
Version Zロゴ入りのアルミ製コンソールプレートもオーナーに嬉しい装備となる

車両販売価格は315万円
高いとみるか安いとみるか

S660 α(6MT)
2,321,000円
20.6km/L

S660 β(6MT)
2,031,700円
燃費20.6km/L

エンジン
0.66L+ターボ
トランスミッション
6MT/CVT
性能/エンジン
最高出力:47kW[64PS]/6,000rpm
最大トルク:104N・m[10.6kgf・m]/2,600rpm

Version Z 直列3気筒DOHC 0.66リッターターボ 6速MT 2WD(MR) 3,150,400

写真資料引用参考
HONDA公式s660ホームページより
www.honda.co.jp/S660/

エンディングテーマ
泡沫のレクエルド 魔王魂作

写真引用公式アルファードHP toyota.jp/alphard/?padid=from_alphard_navi_top

写真引用公式ノアHPhttps://toyota.jp/noah/

写真引用公式N box HP www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/type/type/

写真引用公式アルトHP www.suzuki.co.jp/car/alto/
写真引用公式ミライースHPhttps://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

関連記事

  1. 【軽自動車】まさに趣味をブッ込める宝箱です【バイク】

  2. 【2026年】アウディが完全電動化を発表【電気自動車】

  3. 【2021年最大の注目EV】トヨタの威信を賭けた新型電気自動車SUV公…

  4. 最新の電気自動車!テスラモデル3に乗ってみました!

  5. 【一挙紹介!】2021年から購入可能な軽自動車EVをすべて解説 《日産…

  6. 新型 軽自動車EV・IMK、2021年登場。ハイト軽自動車EV情報も紹…

  7. 【レクサス新型電気自動車LF-Z】レクサスからとうとう出た世界戦略電気…

  8. トヨタ自動車が韓国から撤退!利益を残さず全額日本送金したら・・・【凛の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。