中国 すべての新車を電気自動車に 2035年めど (2020年10月29日)

ARVE Error: The [[arve]] shortcode needs one of this attributes av1mp4, mp4, m4v, webm, ogv, url

中国政府は2035年をめどに販売するすべての新車を電気自動車などにする方針をまとめました。ガソリン車は販売できなくなりそうです。

 工業情報化省などが関わってまとめたスケジュールでは、2035年の新車販売で電気自動車や水素で走る燃料電池車などの「新エネルギー車」が50%以上を占めるようにするとしています。残りはハイブリッド車になるということで、ガソリン車の新車販売はゼロになる見通しです。大気汚染が深刻な中国では以前から環境問題への対応の必要性が指摘されていました。2060年に温室効果ガスの排出を実質ゼロにする目標を掲げる中国政府は自動車市場での対策に本腰を入れることになります。
[テレ朝news] news.tv-asahi.co.jp

関連記事

  1. 韓国の司法、トヨタ自動車に賠償金判決!

  2. Kの法則が発動へ!韓国の自動車産業が採算ボーダーラインを割り込み、経済…

  3. 【廃線】トヨタ自動車東日本 東富士工場への専用線跡をたどる

  4. 【対決】電気自動車 VS ガソリン車|楽しい車は、どっち?

  5. モデルチェンジされずに終了!ダイハツの軽自動車6選!ロングセラー車から…

  6. 【17泊目】軽自動車でひとり山中車中泊

  7. 【2021年】自動車税をコンビニ現金払いの人は必見!最高5万円相当がも…

  8. 【ゆっくり解説】世界中の自動車メーカーが慌てた!!?最先端のハイブリッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。