【EV推進、衝撃の実態】日産アリアが絶対に売れない理由:2022年国産EV最高峰「日産アリア B6」で1000km爆速してみたら、熱ダレによってとんでもない時間がかかってしまった件

ARVE Error: The [[arve]] shortcode needs one of this attributes av1mp4, mp4, m4v, webm, ogv, url

【❗️EV性能テストへの協力お願いします❗️】
本チャンネルにおける航続距離テストや1000kmチャレンジの趣旨に賛同していただける方は、是非とも車両を貸与していただくと助かります。
特に本チャンネルにおいては、外形的中立性・公平性の担保という観点から、基本的には自動車メーカーから車両の貸与を受けない方針であり、一般のEVオーナー様からのご協力が不可欠です。
万が一の保険関係などは車両特約をつけておりますのでご安心ください。
下記フォームより気軽に詳細情報を送信することが可能です。何卒ご協力のほどよろしくお願い致します。
forms.gle/EupzJDYE6pve5zEH9

【❗️日本一分かりやすいEV専門メディア《EVeryone》運用中❗️】
世界のEVに関する最新情報を毎日更新中
動画内で取り扱った情報ソースを全て掲載
ev-for-everyone.com/

【❗️メンバーシップ登録❗️】
定期的なライブ配信でのEVに関する質問にすべて答えます!
登録お待ちしております!
www.youtube.com/channel/UCovnMeHKLDwvJEwayR0OPcw/join

ついに納車がスタートした日産のフラグシップクロスオーバーEVである「日産アリア」の性能テストの1つとして、1000km走行するのにどれほどの時間を要するのかを検証する「1000kmチャレンジ」を行なった結果、
北を大きく下回る結果に終わってしまったという、2022年EV市場における最大の悲報についてを徹底レポートします。

【関連動画】
↓【これはダメかもわからんね】リーフと同じく熱ダレしてる、、 日産アリアを日本最速の「チャデモ150kW級急速充電器」で充電してみたら、3倍の時間がかかった件↓




↓【トヨタの本気に世界が驚愕】その数なんと日産の3倍! トヨタが全ディーラーに急速充電器を大量配備するという朗報&トヨタの労力が無駄となる可能性↓




↓電気自動車ニュース【トヨタのフラグシップ「クラウン」がSUV化&EVバージョンも発売の可能性・最大7人乗り「メルセデスEQS SUV」がモデルXとガチンコの戦いへ】↓




↓【スペックを超える航続距離!】テスラにも肉薄&EPA航続距離を大きく超える電費性能! 「日産アリアB6 Limited」を満充電から空の状態まで走らせたら想像以上に高電費を達成した件↓




↓【EVガラパゴスついに脱出へ!】電池温度管理機構も搭載で期待以上のEPA航続距離! 日産&三菱連合が軽自動車サイズのEVを2022年中旬から発売スタートへ!↓




Twitterは@EV_Native

#1000kmチャレンジ #日産アリア #バッテリー熱ダレ #電気自動車 #EV

関連記事

  1. 【自動運転のミス?】電気自動車ニュース【トヨタの自動運転バスが全盲の選…

  2. 新車売上ランキング!2022年3月・軽自動車編!新型アトレー、ハイゼッ…

  3. 【水素自動車は究極のエコカーではありません】水素燃料電池車はゲームチェ…

  4. 【最強の軽自動車!!】新型N-BOXカスタムターボ試乗! 前期型オーナ…

  5. ダイハツ 新型 軽自動車 SUV! スズキ・ジムニー 対抗車種 のスペ…

  6. 日本勢 電気自動車アピール 上海モーターショー開幕

  7. 塗装失敗 自動車塗装を実況解説します トヨタ スペイド 3R9 事故修…

  8. 自動車保険の 弁護士特約 加入した方がいいの!? 現役弁護士が教え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。