【電気自動車がガソリン車よりも危険?】日産アリア・韓国IONIQ5は安全か? 2022年に購入できる電気自動車の衝突実験テストの結果を一挙紹介

ARVE Error: The [[arve]] shortcode needs one of this attributes av1mp4, mp4, m4v, webm, ogv, url

【❗️日本一分かりやすいEV専門メディア《EVeryone》運用中❗️】
世界のEVに関する最新情報を毎日更新中
動画内で取り扱った情報ソースを全て掲載
ev-for-everyone.com/

【❗️メンバーシップ登録❗️】
定期的なライブ配信でのEVに関する質問にすべて答えます!
登録お待ちしております!
www.youtube.com/channel/UCovnMeHKLDwvJEwayR0OPcw/join

いよいよ納車がスタートした日産アリアの、最も気になっていたであろう衝突安全性能を示す検証結果が公開され、
果たして日産アリアの衝突安全性能は、どれほどを達成することができたのか、
さらに、2022年に我々日本市場において発売される電気自動車の衝突安全性は、それぞれどれほどを達成しているのか、
特に、本チャンネル自身も購入検討筆頭候補でもある、韓国ヒョンデのIONIQ5などの衝突安全性も含めて徹底レポートします。

【関連動画】
↓【2023年モデルの進化はヤバいかも】最新型モデル3にも搭載&RWDグレードもEPA航続距離500km越えへ〜中国CATLが30%も性能をアップさせた次世代型バッテリーを披露↓




↓【アリア購入検討者は要チェック】極寒状態では充電時間が長くなるのは避けられない。。「バッテリー温度管理機構」を採用している日産アリアの充電性能は想定以下の可能性↓




↓【固体電池の実用化で先を越された!?】中国EVスタートアップNIO「ET7」が納車スタート!〜固体電池搭載&航続距離1000kmを引っさげて中国国外へも発売見込み↓




↓【EV長距離走行はストレスでいっぱい?】最も安いテスラモデル3で関東県内400kmを旅行してわかった、EV推進における最も重要な「目的地充電」とは?↓




↓【テスラ購入最大の懸念点はコレ】EVネイティブにも高額請求が。。 これを聞く前にテスラを買うな!?〜世界で広がるテスラ修理の際の、驚きの高額修理費の実態↓




Twitterは@EV_Native

#EV衝突テスト #日産アリア #IONIQ5衝突テスト #電気自動車 #EV

関連記事

  1. まるで自動車警ら隊の職質?ミニパトがパッシングし走行している車を停止さ…

  2. 韓国の電気自動車がリコールも虚しくまた・・・【世界の〇〇にゅーす】【ニ…

  3. 【衝撃】レクサスが開発する「新型EV」に世界が震えた!【全固体電池…

  4. 中国でテスラ超え!50万円の電気自動車「人民の足」【Nスタ】

  5. 電気自動車買ったの失敗したかも?!

  6. 未来の車ホンダの電気自動車Honda eに試乗!走りや乗り心地はをチ…

  7. ハイブリッドバッテリー交換!まだまだ現役ZVW30プリウス。自動車の電…

  8. 仏自動車大手ルノー ロシアでの生産停止

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。