【日産アリアの販売台数も判明!】電気自動車ニュース【北米市場で大幅値下げ後のリーフの販売台数が復調・「2022年3月度」日本のEV販売台数を徹底解説】

ARVE Error: The [[arve]] shortcode needs one of this attributes av1mp4, mp4, m4v, webm, ogv, url

【❗️日本一分かりやすいEV専門メディア《EVeryone》運用中❗️】
世界のEVに関する最新情報を毎日更新中
動画内で取り扱った情報ソースを全て掲載
ev-for-everyone.com/

【❗️メンバーシップ登録❗️】
定期的なライブ配信でのEVに関する質問にすべて答えます!
登録お待ちしております!
www.youtube.com/channel/UCovnMeHKLDwvJEwayR0OPcw/join

・北米市場において日産リーフの販売台数が急速に回復基調に入り、特に四半期毎の販売台数については8年ぶりの販売台数を達成し、
なぜモデル末期感の強い日産リーフの販売台数が回復してきているのか、その北米市場の電気自動車動向についてを含めて徹底考察

・日本市場における最直近の3月度の電気自動車の販売台数が速報され、
テスラが市場最高の販売台数を更新しながらも、そのモデル3の販売台数に陰りが見え始めているかもしれない可能性、
日産についても、電気自動車の販売台数がCovid-19以前の水準まで回復、そしていよいよ、日産アリアの納車もスタートしながら、その気になる販売台数についても明らかに

【関連動画】
↓【世界を変えるEV工場オープン】最新型電池4680セル・ギガプレス全面採用! テスラの最新EV工場「ギガ・テキサス」の注目すべきポイントを一挙解説↓




↓【2022年度永久保存版】モデル3よりもコスパが高いEVも登場! まさかの大盤振る舞い〜「最大85万円」EV補助金を含めた実質購入金額とEPA航続距離をすべて網羅↓




↓【本気のレクサスを怒らせると怖い、、】日産アリアに完全勝利? レクサスの本気EV第一弾「RZ450e」の発表が秒読み! 気になる航続距離・加速性能を徹底考察↓




↓【日産の本気にトヨタ・ホンダもビビった】2028年の量産化に向けて順調!日産がゲームチェンジャー「全固体電池」の試験生産設備を公開↓




↓テスラ最新ニュース【オーストラリア市場のモデルYの価格がリーク&日本価格を徹底予測・4680セル搭載「新型モデルY2.0」のスペックが期待はずれかも】↓




Twitterは@EV_Native

#日産リーフ大幅値下げ #日産アリア販売台数 #モデル3販売台数絶好調 #日本電動化率アップデート #電気自動車 #EV

関連記事

  1. 【自動車業界の闇】tiktokで秒で削除■人間が車を壊す典型的パターン…

  2. 【ラパン】かわいいだけじゃない!こだわり満載の軽自動車|詳細レビュー

  3. 【おすすめ軽自動車 頂上対決!!】ホンダN-BOXカスタム vs 日産…

  4. 電気自動車の落とし穴【電力不足、冬に弱い】

  5. 【高速道路で乗用車炎上】雑木林に突っ込み案内板の柱に衝突 運転女性と子…

  6. これから発売される 国産・電気自動車 7連発!新型 アクア EV、新型…

  7. ヘッドライト黄ばみケミカルと耐水ペーパーどちらが落ちる?

  8. 新型 軽自動車・EV。新型 デイズ・EV、2021年登場。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。